EAに夢破れる大半

皆、一山当てようとFXを始める。 間もなく自動売買ソフト(Expert Advisor ; EA)を知る。 そして、EAは勝てるようにプログラムされていると信じるようになる。 なぜなら、バックテストにより過去の相場で勝てているということは、 相場に対してプラスエッヂ(*相場に潜むエッヂを参照)を持っているということだから。 また、自動売買なのでトレーダーの労力は必要なく、不労所得を得ら…

続きを読む

自動売買ソフトの真実

意外に感じる方も多いと存じますが、エントリー/イグジットが一対のEA(以降トレードタイプEAと呼ぶ)で、長期にプラス運用成績が期待できるモノはほとんど存在しません。 さらにこれらに出会うことは至難の業です。 続きはコチラから

続きを読む

人類の発展=機械化。FXへ。

人類の発展は、機械化の歴史である。 18世紀後半、綿織物の生産過程における機械化は、産業革命の発端となり、 工場制機械工業が成立、蒸気船や鉄道の発明に代表される交通革命へと進化する。 続きはコチラから

続きを読む

避けるべきEA

検証期間が短いEA、トレード回数が少ないEAは避けるべきである。 バックテストの検証期間は、以下を含まなければいけない。 2007年 ; サブプライムショック 2008年 ; リーマンショック 2009年 ; 閑散相場 2011年 ; 日銀による為替介入 2012年 ; アベノミクス ところが、最近のEAは直近3年間のバックテスト程度で、 自信満々に勝てるE…

続きを読む

勝率に拘るな

勝率を上げるということは、トレード機会(≠トレード回数)を減らすこと。 ex.月1回とか… (120回/10年) これではそのトレードの優位性を確認するまでには至らない。 続きはコチラから

続きを読む

トレーダーを雇用する

・未来の相場を予測してトレードしてはいけないこと ・1回1回のトレードに優位性見出すことは不可能であり、それには統計的に価値のある回数が必要であること ・相場に対する優位性を持たない、あるいは未確認のEAを使ってはいけないこと これらのことが十分にご理解いただけたのではないでしょうか。 巷にはバックテストとフォワード実績が一致せず、 大相場を敢えてテスト確認しないものや…

続きを読む

生き残る投資家

個人投資家の99%は負けて投資の世界から去っています。 FXは90%の投資家が負けていて、10%の投資家しか勝てていないということをよく耳にします。 ですが、10%の中にはプロの投資家、投資会社も含まれています。とすると、正確には個人投資家は99%以上が損をしていると私は思います。 1年や2年は勝っている個人投資家はいるかもしれませんが、最終的には負けています。 FXをハ…

続きを読む

経験の乏しい人

経験の乏しい人ほど雄弁です。 素人ほど相場の怖さを知らないからです。 相場での立ち回りを自慢できるのは、まだ経験が少ない証拠です。 単に未だ負けていないだけ。 つまり言い換えればこれから負ける人なので、それを羨ましがったり、その言動に振り回されてはいけません。 続きは、コチラから

続きを読む

前提となる考え方

・為替レートはランダムウォークではない。 ・為替マーケットには、様々な参加者が混在するために、非効率的であり、非合理的である。 ・為替マーケットは、常に流動性があり、常に売買可能である。 ・チャートにはファンダメンタルズ含め、全てが織り込まれる。 ・しかし、織り込むにはある程度の時間を要するため、タイムラグが生じる。 ・トレンド状態はある程度継続する。 ・為替…

続きを読む

確実に勝てるポイント?

「安全で確実に勝てるポイントのみエントリーします」 セールスページやFXブログでよく見かける文言ですが... 多くの投資家はその経験に比例して大きな違和感を抱くことでしょう。 そもそもそんなポイントがあると思いますか? 続きは、コチラから。

続きを読む